通信制高校は学費が安い?

通信制高校とは日本の高等学校の形のひとつです

通信制高校とは日本の高等学校の形のひとつです。
高等学校といえば、毎日学校に通う全日制が一般的にイメージされます。
また定められた時間に出席する定時制もあり、それぞれ教育を受けたいという人のニーズに合わせて自由に選ぶことができます。
これらの違いとしては全日制と定時制は定められた出席日数または授業数に応じて卒業に必要な資格を得ることができるもので、通信制は単位制が取られており必修科目単位の修得および履修認定が74単位を持つことが卒業するための資格になります。
全日制と定時制では学校施設に通う必要がありますが、通信制は基本的には自宅学習で定められた日時に定められた施設に出向いて面談や授業、試験を受けるスクーリングによって単位を取得するものです。
通信制高校を利用する人は、高校生の中では多くはありませんが、選択する人としては、すでに社会人となって働いている人、高校を中退したものの高校卒業を目指したい人、学業不振によって今の学校では卒業が困難である人などがあります。
また比較的自由な学習の仕組みであるため、学校で学ぶということが苦手な人などが通信制高校を選択しています。
基本的には学校に通う必要はありませんから、自由に学習することができる反面で、生徒本人の学習意欲が卒業するためには重要になります。
高校での在籍期間は3年以上の在籍期間が必要なのは日本の高等学校では共通しているものですが、通信制では単位制なのでこの在籍期間の3年以上の時間をかけてでも卒業することができます。
なお、入学のタイミングは春入学のほか秋入学を行っているところも多くありますし、入学に関しては学校によっては試験が不要です。

赤旗「高校生の妊娠・出産 学び保障するには」

「ここは最後のとりでなんです」と保育施設のある通信制高校の校長。
学校あげてのサポート。


卒業生や教師などのボランティアで保育を保障してきた学校もあるが、公的保障はなし。


田村智子議員は「懲戒ではなく保護と教育こそ基本」と繰り返し要望。
pic.twitter.com/wX0a3vWoIu

— 藤本さちこ (@fujimotosachico) 2018年10月29日

通信制高校とは日本の高等学校の形のひとつです通信制高校の特長費用を抑えて得ることができる