通信制高校は学費が安い?

通信制高校の特長

通信制高校とは日本の高等学校の形のひとつです通信制高校の特長費用を抑えて得ることができる

通信制高校の特長としては、学習が自己学習であることのほか、単位をもらうためにレポートを作る必要があり、また面接指導や試験を受けることになります。
レポートといっても穴埋め問題的なものが中心で、こちらは学校に出向かなくてもインターネットを利用して行う学校も増えています。
面接指導はスクリーニングと呼ばれ、投稿して先生から指導を受けるというものです。
試験は一般的な高等学校と同じです。
このスクーリングや試験に関しては定められた施設に登校する必要がありますが、施設は学校が主に使われます。
公立の場合には単独で通信制だけを行っていることは少なく、全日制や定時制といったコースを有しており、一般的な学校施設になります。
また毎月2回程度の登校が求められますので、どちらかといえば定時制に近いものです。
一方で私立の場合には比較的自由で、スクーリングも年に1度数日程度の合宿で済ませられるもの学校もあり、また教育内容についてもそれぞれに特色を持ったものがあります。
通信制高校という選択をする前に知っておきたいことが学費です。
通信制の場合には、全日制や定時制と比べると安い傾向にあります。
理由としては学校施設を使わないことで、また全日制や定時制では高校卒業を目指すことができない人のために行われているといった性質があるためです。
一番安いのは公立高校が提供しているもので、10万円程度の学費で卒業することが可能です。
具体的には受講料が1単位あたり200円程度で74単位ですから約1万5千円程度です。